無垢材の基礎知識 樹種について

樹種について

樹種によって木目や色合い、かたさなどが異なります。

かための木

オーク(ナラ)

オーク(ナラ)

【ブナ科広葉樹】

硬くて木目がはっきりとした高級感溢れる木です。弾性もあるので、フローリングや家具、またウイスキーの熟成樽としても有名です。柾目に入る斑模様は虎斑(とらふ)と呼ばれ、高級家具などで重宝されています。

アッシュ(タモ

アッシュ(タモ)

【モクセイ科広葉樹】

年輪がはっきりとした、木目が美しい木です。材質は硬く、フローリングや高級家具などに用いられます。また、野球のバットにも加工されます。

ケヤキ

ケヤキ

【ニレ科広葉樹】

第一級の良材として、古くから建築・建具・家具・造作などに幅広く利用され、大黒柱としても重用されてきました。また、各地で街路樹として植樹され、ケヤキ並木として親しまれています。

バーチ(カバ)

バーチ(カバ)

【カバノキ科広葉樹】

白くて木目がおとなしく適度な硬さがあるため、どんなシチュエーションも素敵に演出してくれる木です。日本の山岳リゾート地に点在する白樺もカバ材の一種です。従来は白い部分のみを集めて使われていましたが、最近は赤みを帯びたり節を含む、よりナチュラル感のある部分も多用されています。

サクラ(西南カバ)

サクラ(西南カバ)

【カバノキ科広葉樹】

ほんのりとピンクがかっており木目が優しくやわらかな表情です。水目桜に似た赤みの強いものから、薄いピンクや比較的白っぽいものなど、自然が作り出す様々な色合いがあります。

メープル

メープル

【カエデ科広葉樹】

樹液からはメープルシロップが採れ、葉はカナダの国旗で代表される木です。日本名ではカエデと呼ばれ、一説では、葉の形がカエルの手に似ていることから「カエル手」が転訛したものと言われています。材質は重硬で白く、鳥眼杢が入るのが特徴です。

チーク

チーク

【クマツヅラ科広葉樹】

世界三大銘木のひとつで、特に狂いが少なく耐久性が高いため、船の甲板に用いられるほか、家具や装飾、フローリングなどに広く使われています。大きく分けてミャンマー産とインドネシア産があり、当社のフローリングはインドネシア産です。金褐色や黄白色をしており、日光に当たり続けると味のある飴色へと変化していきます。

ローマンチーク

ローマンチーク

【マメ科広葉樹】

東南アジアに分布しており、材質は重硬です。チークの代用品として装飾用に長い間使用されてきました。チークのようなはっきりした木目ではなく、均一で深みのある濃い色合いを持つ木です。

ソノケリン

ソノケリン

【マメ科広葉樹】

昔から高級木として親しまれてきたインディアンローズウッドをインドネシアで植林したもので、日本名で「紫檀」とも呼ばれています。色合いは黒に近く、赤や緑、濃い紫の縞が入ります。重硬な材質で、フローリングのほかにも家具や仏壇、楽器などに使用されています。

ブラックウォールナット

ブラックウォールナット

【クルミ科広葉樹】

世界三大銘木のひとつで、北米産広葉樹の中でも最高級の木材として世界中から愛されています。木目の美しさ、深みのある色合いの素晴らしさは芸術品とも言えるでしょう。狂いが少なく、強度に優れ、加工性も良いことから、高級家具や楽器、フローリングなどに使用されています。

サザンウォールナット

サザンウォールナット

【マメ科広葉樹】

インドネシア産の木で、ウォールナット調の木目が特徴です。伝統衣装の染料にも使用されています。

アカシア

アカシア

【マメ科広葉樹】

東南アジア、アフリカ、オーストラリア、アメリカなど、熱帯から温帯にかけて広く分布し、種類は600種以上も存在します。硬く重い木で、芯材は濃茶色、辺材は白色とはっきりした濃淡があります。同じアカシアでも産地が違えば、木目や材質が全く異なります。また、アジアンウォールナット、シルバーウォールナットはアカシアを着色塗装した商品です。

ブラックチェリー

ブラックチェリー

【バラ科広葉樹】

世フルーツのアメリカンチェリーの実がなる木です。木目の表情は優しく、赤身(心材)が経年変化により濃くなり、艶と風合いが増すのが特徴です。狂いが少なく切削性にも富んでいるため、高級家具などにも用いられます。

カリン

カリン

【マメ科広葉樹】

重硬で強靭ですが、加工は比較的容易なため、古くから唐木細工に使用される高級木です。磨くと光沢が美しいことから、床柱などにも使われています。濃淡のある強い赤みが特徴です。

ケンパス

ケンパス

【マメ科広葉樹】

重硬な木で、フローリングはもちろんデッキ、枕木にも用いられます。赤褐色でカリンの代用として使われることもあります。

マホガニー

マホガニー

【センダン科広葉樹】

世界三大銘木のひとつで、内装部材や高級車のハンドル、ダッシュボードなどに使用されてきました。自生するホンジュラスマホガニーは現在入手困難なため、東南アジアで計画的に植林されたものを使用しています。

ローズマホガニー

ローズマホガニー

【センダン科広葉樹】

パプアニューギニアの限られた地域のみに分布する希少木です。重硬で耐久性があり、シロアリや菌、昆虫類に対する抵抗力があります。色差はありますが全体的には赤褐色で、同科のホンジュラスマホガニー同様、非常に高級感があります。

シカモア

シカモア

【カエデ科広葉樹】

ヨーロッパおよび西アジアに分布する白い木で、時に縮み杢と呼ばれる美しい木目を持ちます。別名「ヨーロピアンメープル」と呼ばれ、ヴァイオリンなどの弦楽器にも使用されています。

バンブー(竹)

バンブー(竹)

【イネ科】

アジアの温帯・熱帯に多く分布し、成長がとても早いため3年ほどで資源として有効利用できます。抗菌性や消臭性があるため、日本では古くから食品の包材として使われてきたほか、楽器や工芸品など用途は様々です。一説では、「パンダ」はネパール語で竹を意味する「ポンヤ」という言葉に由来すると言われています。

やわらかめの木

あづみの松

あづみの松

【マツ科針葉樹】

雄大な山々とそれを源に流れ出る清らかな水?独特の自然環境を有する信州。そこで長い年月を経て育ってきた赤松は、本州?九州の広い範囲に分布する国産赤松の中でも、殊更美しい木目が特徴です。

あづみのカラ松

あづみのカラ松

【マツ科針葉樹】

信州で育った国産のカラ松で、スキー場などで見かけることもあります。針葉樹の中では比較的かたく、味わい深いはっきりした木目を持っています。

桧

【ヒノキ科針葉樹】

日本特産の樹種で、本州中部から四国、九州を経て屋久島まで分布しています。狂いが少なく耐水性が高いため、最高級の建築材とされてきました。寺社仏閣にも数多く使用され、1000年の寿命を保つ建築物もあります。また、ヒノキチオールと呼ばれる成分によるリラックス効果も期待できます。

杉

【スギ科針葉樹】

加工性が良く角材から板材まで作ることができるため、古来より重要な木材として重宝されてきました。特有の芳香があり、杉樽に貯蔵することによって日本酒に香りをつけたりもします。杉には多くの地域品種があり、色合いや材質がそれぞれ異なります。

レッドパイン(赤松)

レッドパイン(赤松)

【マツ科針葉樹】

ヨーロッパやロシアに分布し、やわらかくあたたかみがあるのが特徴です。木目も比較的素直で親しみやすい木です。建築、家具、土木、パルプなどに広く使われており、自然素材や節あり商品の人気に後押しされてフローリングなどでの利用も増加したため、日本トップクラスの使用量を誇る樹種となっています。

ボルドーパイン

ボルドーパイン

【マツ科針葉樹】

1857年、フランス南西部のボルドー地方の荒廃地にナポレオン3世が植林したのが始まりで、50?80年の年月をかけて生育します。美しい木目と様々な表情の節がカントリー調の風合いをもたらします。

ラーチ(カラ松)

ラーチ(カラ松)

【マツ科針葉樹】

北半球の亜寒帯や高山に広く分布し、紅葉した姿は殊更に美しさを増します。シベリアには広大なカラ松の森が広がっており、その一部はフローリングや建築材として有効利用されています。独特のはっきりとした木目がひきたつ木です。

クルミ

クルミ

【クルミ科広葉樹】

北米のブラックウォールナットに類する木で、東アジアに分布し、「オニグルミ」とも呼ばれています。英名が「ウォールナット」であることからもわかるように、木目はブラックウォールナットに酷似します。やわらかく軽いため、家具や彫刻にも使用されます。

アルダー

アルダー

【カバノキ科広葉樹】

アメリカ西海岸に分布するおとなしい木目の木です。サクラに似ているため、かつては「洋サクラ」という別名で家具などに使われていました。広葉樹としては比較的やわらかく、加工性にも優れています。

ヘム(ツガ)

ヘム(ツガ)

【マツ科針葉樹】

木目は細かく、色が白いのが特徴です。柾目で使用されることが多く、その綺麗な柾目は、フローリング、羽目板、カウンターなど、様々な用途に使われます。

桐

【ゴマノハグサ科広葉樹】

草の仲間でありながら木と同じような性質を持つため、「木と同じ」と書いて「桐」です。冬でもあたたかく心地よさを感じられ、とてもやわらかいため転倒した際の衝撃を緩和してくれます。また、熱が伝導しにくいので、万一の火事でも桐たんすの中の物は無事だったという事例もあります。調湿効果により着物や衣類の収納にも適しています。

柳杉

柳杉

【スギ科針葉樹】

日本の杉の苗木を中国西南地方に植林した杉を「柳杉(やなぎすぎ、りゅうすぎ)」と呼びます。土壌が違うため、色合いや木目などが少し異なるものの、日本の杉と非常によく似ています。

ウエスタンレッドシダー(米杉)

ウエスタンレッドシダー(米杉)

【ヒノキ科針葉樹】

アラスカ南部からカリフォルニア北部にかけての広大な地域に分布する木です。濃淡のある色合いが特徴で、独特の甘い香りによるリラックス効果もあります。加工がしやすく、優れた耐久性を誇ります。

福杉

福杉

【ヒノキ科針葉樹】

福建省を中心とした中国南部に分布することから「福杉」「福州杉」「福建杉」などと呼ばれます。独特の強い香りを持つため、「香杉」の別名もあります。やわらかく軽いですが、一定の耐久性があるため、サイディングやデッキとして使用されています。

床材TOPに戻る
【T’s style】のお役立ちコラム
会員登録をしよう