無垢材の基礎知識 樹種について

樹種について

樹種によって木目や色合い、かたさなどが異なります。

かための木

オーク(ナラ)

オーク(ナラ)

【ブナ科広葉樹】

硬くて木目がはっきりとした高級感溢れる木です。弾性もあるので、フローリングや家具、またウイスキーの熟成樽としても有名です。柾目に入る斑模様は虎斑(とらふ)と呼ばれ、高級家具などで重宝されています。

アッシュ(タモ

アッシュ(タモ)

【モクセイ科広葉樹】

年輪がはっきりとした、木目が美しい木です。材質は硬く、フローリングや高級家具などに用いられます。また、野球のバットにも加工されます。

メープル

メープル

【カエデ科広葉樹】

樹液からはメープルシロップが採れ、葉はカナダの国旗で代表される木です。日本名ではカエデと呼ばれ、一説では、葉の形がカエルの手に似ていることから「カエル手」が転訛したものと言われています。材質は重硬で白く、鳥眼杢が入るのが特徴です。

チーク

チーク

【クマツヅラ科広葉樹】

世界三大銘木のひとつで、特に狂いが少なく耐久性が高いため、船の甲板に用いられるほか、家具や装飾、フローリングなどに広く使われています。大きく分けてミャンマー産とインドネシア産があり、当社のフローリングはインドネシア産です。金褐色や黄白色をしており、日光に当たり続けると味のある飴色へと変化していきます。

ブラックウォールナット

ブラックウォールナット

【クルミ科広葉樹】

世界三大銘木のひとつで、北米産広葉樹の中でも最高級の木材として世界中から愛されています。木目の美しさ、深みのある色合いの素晴らしさは芸術品とも言えるでしょう。狂いが少なく、強度に優れ、加工性も良いことから、高級家具や楽器、フローリングなどに使用されています。

ケンパス

ケンパス

【マメ科広葉樹】

重硬な木で、フローリングはもちろんデッキ、枕木にも用いられます。赤褐色でカリンの代用として使われることもあります。

マホガニー

マホガニー

【センダン科広葉樹】

世界三大銘木のひとつで、内装部材や高級車のハンドル、ダッシュボードなどに使用されてきました。自生するホンジュラスマホガニーは現在入手困難なため、東南アジアで計画的に植林されたものを使用しています。

やわらかめの木

桧

【ヒノキ科針葉樹】

日本特産の樹種で、本州中部から四国、九州を経て屋久島まで分布しています。狂いが少なく耐水性が高いため、最高級の建築材とされてきました。寺社仏閣にも数多く使用され、1000年の寿命を保つ建築物もあります。また、ヒノキチオールと呼ばれる成分によるリラックス効果も期待できます。

杉

【スギ科針葉樹】

加工性が良く角材から板材まで作ることができるため、古来より重要な木材として重宝されてきました。特有の芳香があり、杉樽に貯蔵することによって日本酒に香りをつけたりもします。杉には多くの地域品種があり、色合いや材質がそれぞれ異なります。