フローリングの基礎知識 構造・タイプ

フローリングの基礎知識 構造・タイプ

それぞれ特性を持った構造のフローリングがあり、貼りあがりの印象が異なります。

構造

無垢

無垢

天然木を一枚の板として使用しています。木そのものの素材感が息づいており、木の持つあたたかみや香り、調湿機能などを実感することができます。

三層

三層

表層に厚み約3mmの無垢単板を使用し、中間層と下層にも木材を配した三層構造です。無垢に比べて収縮・膨張が起こりにくい構造です。

複合

複合

表層に厚み約2mmの無垢単板を使用しているため、通常の複合と比べて無垢により近い質感を持ちます。下層は合板を使用しており収縮・膨張が起こりにくい構造です。

タイプ

ユニ

ユニ

長さ方向に板を継いだ最もポピュラーなタイプです。

ワンピース

ワンピース

継ぎ目のない一枚板タイプです。存在感のある貼りあがりになります。

乱尺

乱尺

長さが様々な一枚板タイプです。均一ではない自然な貼りあがりになります。

ヘリンボーン

ヘリンボーン

細く短い一枚板で、寄せ木のように貼りあげるタイプです。

床材TOPに戻る
【T’s style】のお役立ちコラム
会員登録をしよう