メラミン化粧板カウンター特長

メラミン化粧板(カウンター表面材)の特長

図01

メラミン化粧板は紙に熱硬化性樹脂(メラミン樹脂、フェノール樹脂)を含浸させ高温高圧で成型した厚さ0.4~1.2mmの化粧材です。優れた意匠性、表面物性を持ち、天然素材をしのぐ高機能意匠材です。
※メラミン化粧板はJIS K 6903 の外観基準に基いて検査出荷しています。

図02
図03

環境への配慮について

ホルムアルデヒドの放散量は、新建築基準法に対応したF ☆☆☆☆であり、使用面積の制限を受けない、空気環境汚染に配慮したカウンターです。
※素材・接着剤にはフタル酸エステル化合物、トルエン、キシレンを使用していません。

合板と耐水MDFの試験データ

項目 合板(Type Ⅱ) UタイプMDF(非耐水・針葉樹系) 耐水MDF 備考
比重 0.59 0.72 0.74
曲げ強度 440kgf/cm² 377.4kgf/cm² 360kgf/cm² JIS A 5906
木ネジ保持力 89.3kgf 58.6kgf 55.4kgf JIS A 5906
吸水厚さ膨張率 1.7% 6.1% 1.56% 24時間浸漬後

※試験データのため、保証値ではありません。
※上記データでの測定値に差はありますが、どちらの結果も実用上(通常使用)の性能は十分であると考えています。

ポストフォーム加工とは

ポストフォームとは、合板・耐水MDF などの基材に接着剤を塗布し、メラミン化粧板に熱・圧力をかけ、基材形状に合わせて成形する加工技術です。堅牢さ、メンテナンス性、清潔さなどメラミン化粧板の優れた物性が、ポストフォームカウンターの特長です。

図04

一体感

前垂れからバックガードまで一体成形をするので、継ぎ目のない綺麗な納まりが可能です。

ポストフォーム加工のバリエーション・特長

図05

小R ポストフォーム加工

従来のポストフォーム加工に加え、芯材の角部に合わせてメラミン化粧板を特殊加工し、小R(1.5R・3R)で成型する技術です。
ブラックコア・ホワイトコアM仕上げ(艶有り)を除く、ほとんどのメラミン化粧板に対応可能です。

図06

表裏巻き込みポストフォーム加工

カウンター表面 → 木口面 → 裏面の3面を1枚のメラミン化粧板で曲げ込む技術です。
最大Wサイズは限定されますが、裏面まで連続して化粧されるため、たわみに強く、棚板・側板などに最適です。

図07

一般ポストフォーム加工

専用メラミン化粧板を加熱、接着、成型する技術です。
メラミン化粧板のコア種類・仕上げ種類により、最小曲げRが異なります。

メラミン系カウンターの優れた物性

図08

オイルナベ試験

オイルを入れて温度180°Cまで加熱したナベを、20分間放置し表面の変化を見ました。
試験方法はJIS K 6902による
※物性検証の画像です。使用時は必ずナベ敷をご使用ください。

オイルナベ試験結果

図09

集成カウンター
ナベ底設置部分が変色し、塗装がひび割れ。

図10

オレフィンカウンター
ナベ設置部分のツヤが落ちた。

図11

アクリル人大カウンター
ナベ設置部分のツヤが落ちた。

図12

メラミン系カウンター
ほとんど変化なし。

鉛筆硬度試験

試験体の表面に2Hの鉛筆で約1kgの荷重を加えて直接書きなぐり、半分を消しゴムで消しました。

図13

鉛筆硬度試験結果

図14

タモ集成カウンター
表面に著しい書き跡が残った。

図15

オレフィンカウンター
外観はあまり変わりないが、わずかなへこみあり。

図16

アクリル人大カウンター
変化なし

図17

メラミン系カウンター
変化なし

図18

薬品等への耐薬品性に優れています。

図19

薬品の種類によっては、汚れが落ちにくい場合があります。
※アイカ工業株式会社比

耐汚染性試験

耐汚染性試験 タモ集成カウンター オレフィンカウンター アクリル人大カウンター メラミン系 カウンター
紅茶・コーヒー・しょう油
1%ヨウ素アルコール溶液 ×
ガソリン・アセトン・オリーブ油 ×
事務用インキ ×
クレヨン・くつずみ
染料
2%マーキュロクロム液

試験方法は JIS6902 による
:変化なし
△:軽微な変化
×:強い変化

【T’s style】のお役立ちコラム
会員登録をしよう